ロゴ

個人と組織のメンタルコンサルティング
株式会社デフィロン

2019.07.25 , ホスピタリティ研修

あるべき 「おもてなし接客」のマインドを知り、心境が変化しました。

研修名称:ホスピタリティ研修

受講者様の属性:60代 女性 パートタイマー

 

 

「おもてなしの心」を実践するとはどういうことか?

 

これまで色々な接客業を経験してきたので、

私なりの接客スタイルがありました。

 

しかし、そういった接客術だけではお客様の満足度を高めることは

できないのだなと、この研修を受講して気づきました。

 

日本人の良さとも言われている、

「おもてなしの心」

ですが、それを実践するとはどういうことなのか。

 

具体的なおもてなし接客のエピソードを聞きながら、

私自身の心境に変化がありました。

 

 

接客の出発地点

 

今までは、お店の売上を高めるために、

「こういったご案内をしてみよう」

「ここでこれをおススメしよう」

という感覚で接客をしていました。

 

しかし、

「目の前のお客様に、喜んでほしい、

楽しんでほしい、満足してほしい」

といった純粋な気持ちから生まれてくる接客を心掛けたい、

という気持ちの変化がありました。

 

もちろん、お店の売上を上げるための

仕掛けも変わらず大切なことなのですが、

接客においては、そこを出発地点にするのではなく、

自分自身の「人のために」という部分を大切に、

これからの仕事をがんばりたいと思えました。

 

こういった気持ちの変化に気づけて良かったです。

メールマガジンのご登録はこちら
最新事例や具体的なメソッドなどをご紹介しています

関連記事

最新記事一覧