ロゴ

個人と組織のメンタルコンサルティング
株式会社デフィロン

2020.03.19 , マネジメント心理学研修

マネジメント研修での私の変化

  笑ってしまうほど、リアルなケーススタディー

 

マネジメントに関するケーススタディーから始まりました。

 

グループでディスカッションしましたが、
皆、聞いたことのある事例だなぁと、言ってました。

 

「今までこういう人、うちの会社にいたよね」って。

 

あとで講師の方が、「研修前に現場の皆さんにヒアリングし、
実在の人物の悩みを掛け合わせて作成しました」
と言っていたのを聞き、なるほどな、と思いました。

 

皆で話し合うと、色んな角度からの意見がでてきて、
話がまとまらなくなりました。そんなとき、資料に書いてあった、

 

「そういうことは全て、相手が誰かによって決まる」

 

という言葉で軸が定まりました。
マネジメントには個別化の才能が求められるということですね。

 

 

  苦手な20代社員へのマネジメントに変化

 

その後、マネジメント上での関わり方について、
具体的なレクチャーがありました。

 

いくつかの考え方や関わり方が紹介された中で、
特に印象に残ったことが、マネジメントの関わり方を
相手に合わせて、大きく4分類する話です。

 

私の場合、今20~40代の幅広い世代のメンバーを
マネジメントしているのですが、特に20代の若手への
関わり方に難儀していました。

 

この研修で聞いた内容を早速試してみたところ、
以前よりも20代社員と話ができるようになったと思います。

 

 

 経験則からくるマネジメントとの決別

 

個別化のマネジメントを実現していくためには、
メンバーのことをもっとよく知る必要があります。

 

研修中のワークを通して、いかにこれまで、
メンバーのことを知れていなかった、と反省しました。

 

思い返せば、私は自分自身の体験経験から、
「こうあるべき」「こうすれば上手くいく」
という話が多く、それを伝えていくことで、
メンバーも成長していく、と勘違いしていました。

 

こんな私がよくマネジメントしてこれたな、と(苦笑)

 

メンバーのことを以前より知ろうと思えましたし、
知った上で、どう相手に伝えるか。
そのときのマネジメントに重要な「タイミング」「伝え方」
まで学べたのは収穫でした。

 

特に、うちのチームは常に忙しいから、というのを理由に、
「タイミング」をこれまで一切考慮しておりませんでした。

 

マネジメントのマインドとテクニック、両方を体感できた研修でした。

メールマガジンのご登録はこちら
最新事例や具体的なメソッドなどをご紹介しています

関連記事

    記事はありませんでした

最新記事一覧