ロゴ

個人と組織のメンタルコンサルティング
株式会社デフィロン

2019.07.25 , PCM心理学研修

上司との関係が改善、業績向上と昇進を達成しました。

研修名称:PCM心理学研修

受講者様の属性:20代 男性 会社員

 

 

上司から言われる言葉

 

社会人2年目の頃に、このセミナーを受講しました。

営業職をしています。

 

お客様に認められ、会社で必要とされる人に早くなりたくて、

結果を出そうと努力していました。

 

社会人1年目が終わり、少しずつ営業成績も出始めた頃、

上司からはなぜか、

 

「お前は努力が足りない」

 

という言葉をかけられるだけで、

それが悩みでした。

 

「なんで上司は褒めてくれないんだろう」

「自分のことが嫌いなのかな」

「わかってくれないな」

 

といった考えを持ち、自分自身の仕事への

モチベーションが下がりつつありました。

 

 

 

違いを発見することが楽しい

 

そんな頃、PCMのセミナーに出会いました。

営業職だったので、自分のコミュニケーションスキルアップのために、

心理学を学んでみよう、と思って受講してみたのです。

 

受講した日の興奮は今でも覚えています。

 

PCMを受講してみると、

私の性格について、未知の部分がたくさん見つかりましたが、

それらの発見を通して、上司と私の考え方の違いについて、

言葉で説明できるくらい、ハッキリとわかったのです。

 

(この違いについてはセミナー内容に触れるので、

ここには書かないでください、と言われました笑)

 

セミナーの帰り道、

 

「だから上司はああいった言葉がけをするんだな」

 

という、今までの上司の言葉や行動に納得できました。

 

翌日職場に行くと、上司との会話で、

私との違いを発見し、違いを発見することが楽しくなってきました。

 

今まではその違いを感じることがつらかったのですが不思議なものです。

 

 

 

それから半年後

 

セミナーを受講して、上司の考え方や、

「私なりのがんばり」

が周りからどのように見えているのかがわかり、

仕事への姿勢が変化したと思います。

 

それから半年後、営業成績がグングン上がっていき、

なんと昇進することもできました。

 

心理学を学んだことで、相手と自分の違いを知り、

それを受け入れる心の余裕が少し生まれたと思います。

 

もちろん、心に余裕がないときもまだまだたくさん

ありますので、そこは今の私の課題です。

 

その上司とは今は別々の会社で働いていますが、

ときどき連絡を取っています。

 

良い人間関係を築くための、

学びの場をありがとうございました。

 

メールマガジンのご登録はこちら
最新事例や具体的なメソッドなどをご紹介しています

関連記事

最新記事一覧