ロゴ

個人と組織のメンタルコンサルティング
株式会社デフィロン

2020.09.30 , わたしたちの想い, 個別心理カウンセリング相談

カウンセリングで大切にしていること


今回は、弊社がカウンセリングにおいて、大切にしていることをご紹介させていただきます。

 

カウンセリングをお申し込まれる方の悩みは、

・職場の人間関係がうまくいかない。

・成長して目標達成したい。

・今の職場を退職したい。

といった、仕事関連のお話が多いです。
まず前提として、

――――――――――――――

カウンセリング・・・現在の問題への解決

コーチング・・・・・未来を作る気づき

セラピー・・・・・・過去の出来事を清算

――――――――――――――

の違いがあります。


そして、心理学的な観点から、

――――――――――――――

過去と他人は変えられない。

しかし、他人との関係性は変えられる。

――――――――――――――

という視点に立ち、ご相談者様ご自身の変化をサポートし、

周りとの関係性を変えることに焦点を充てています。



以上を踏まえた上で、3つのポイントを大切にしています。



1、無意識行動を意識へ上げるサポート

人は幼児期に形成された、禁止令に基づいた、
失敗のパターンを無意識下で繰り返しています。

その人の行動パターンを決して否定せず、受け止める存在であることが、
カウンセリングの始まりだと考えています。



2、ポジティブなフィードバック

例えば、「相手の目を気にしすぎてしまい・・・」という話があったとします。
最近では、HSP関連の書籍も増え、必要以上に気にされる方も増えています。

これは見方を変えると、「相手の立場で感じ取れる人」
「繊細な心の動きを読み取れる人」でもあるわけです。
ポジティブな捉え方でのフィードバックを行います。



3、1日では解決しない

カウンセリングしたその日は、思いっきり気持ちが楽になって
帰っていただきたいのですが、大切なのは翌日からの行動だと考えています。

そのため、アフターフォローに力を入れています。
電話でもラインでもチャットでも、いつでも気軽に相談できる関係性でありたいです。

ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

メールマガジンのご登録はこちら
最新事例や具体的なメソッドなどをご紹介しています

関連記事

最新記事一覧