ロゴ

個人と組織のメンタルコンサルティング
株式会社デフィロン

2021.04.29 , 理念研修

「企業理念の浸透」と両輪であるべき考え方とは?(理念研修)

過去3回のブログで、企業理念が浸透すると、組織や個人に
どのような変化が起こったのか、書かせていただきました。


――――

3回目:企業理念のシンプルな本質とは何か?(理念研修の根底にあるテーマ)


企業理念のシンプルな本質とは何か?(理念研修の根底にあるテーマ)

――――

では、企業理念だけで、会社は発展するのでしょうか?

もちろん、理念が浸透しただけでは組織は発展しません。

「論語と算盤」

という言葉が昔からあるように。

理念と同じくらい重要なもの、
商売をする上では、「戦略戦術」が必要だと考えています。

「理念と戦略戦術は両輪」

多くの企業では、戦略戦術を立てて事業を推進していきます。

しかしながら、戦略戦術通りに上手くいかない状況に陥ることが、
圧倒的に多いわけです。


■ 戦略と戦術だけだと・・・

例えば、4月の年度初め、全社会議にて社長が話し始めます。
今季の売上目標、それを達成するための戦略と戦術を語っています。

それを聞いて、社長に近しい社員数名は、
真剣に話を聞いています。

また一部の社員は、頑張って話を聞こうとしますが、
なんとなく内容にピンと来ていません。

また一部の社員は、途中から話を聞いていません(笑)

3か月後、全社会議で真剣に話を聞いていた社員ですら、
目の前の仕事に忙殺され、戦略戦術を忘れかけています。

お恥ずかしながら、僕自身も20代の頃は、
「話を聞いているフリ」でした。

会社の売上目標や、戦略戦術を自分事化できず、
当事者意識が持てていなかったのです。

もちろん、優秀なマネージャーの方は、
メンバーに浸透するまで、何度も何度も戦略戦術について話をします。

凡事徹底です。

しかし、戦略戦術のその先には、理念の実現があることを
念頭においてないと、

「何のためにこれをやっているんだっけ?」

と、どこかでモチベーションが低下することもあります。

そこで、戦略戦術の両輪である、理念の浸透が必要なのです。



■ 戦略戦術と理念は両輪

理念が浸透していると、戦略戦術への全員の当事者意識が高まります。

・何のためにそれをやっているのか

・最終ゴールは何なのか

が明確になるからです。

また、
戦略戦術を遂行していく中では、日々、多くの意思決定が発生します。

例えば、

Aプラン:利益は10%低下するが、顧客満足度が30%高まる。
Bプラン:利益は10%低下するが、顧客に真新しい価値を提供できる。

どちらの選択をするべきか、ここで理念が判断を後押ししてくれます。

「顧客満足」という言葉が理念にあれば、Aプランでしょうし、
「新しい価値の提供」という言葉が理念にあれば、Bプランでしょう。

そして、そのような理念が浸透してなければ、

「Aをやろう!」
「Bをやったほうが良い!」

といった意見に分かれ、最終的には、

「利益が10%低下するプランなので、AもBも却下」になるかもしれません。

組織は常に選択と意思決定の連続なので、
戦略戦術の独自性を高めてくれるのもまた、理念だと感じます。


■ 戦略戦術と理念が両輪の企業事例

戦略戦術の遂行と、理念が一致したとき、
世の中を変えるようなビッグビジネスが生まれていると感じます。

例えば、有名なユニクロの理念は、

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」

ですが、ユニクロの戦略戦術は、この一言を体現するように、
取り組まれてきたように見受けられます。


『服を変え』
・フリースの大ブレーク
・ヒートテックやエアリズムなど機能性インナーの開発

『常識を変え』
・SPA業態
・リーズナブルでありながら、銀座の一等地に旗艦店

『世界を変えていく』
・積極的な海外進出
・虎視眈々とアパレル売上世界一へ

このようにわかりやすいです。

僕が子供の頃、ユニクロは地元長崎の郊外、ロードサイドにある大きな洋品店、
のイメージでしたが、
2021年2月、とうとうアパレル業界ランキングで、世界一になっています。

戦略戦術と理念の両輪こそ、組織を飛躍させてくれるのだと学びました。

児玉達郎

――――――――――――――――――――――――

弊社が提供している研修サービス、「理念研修」は、
クライアント様のご要望に合わせ、
研修回数、ご予算、など柔軟に対応しております。


他社の理念浸透事例、学術的背景などをインプットしていただきながら、
ディスカッション、グループワーク、ケーススタディなどを行い、
組織に理念が浸透するよう、導きます。


ご興味ありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
メールマガジンのご登録はこちら
最新事例や具体的なメソッドなどをご紹介しています

関連記事

最新記事一覧